〒277-0005 千葉県柏市柏6-1-22
JR・東武アーバンパークライン柏駅 徒歩10分/駐車場:無)

受付時間

10:30~18:30 時間外対応有り
定休日:隔週木曜・金曜・日曜
不定休有り

お気軽にお問合せ・ご相談ください

04-7163-3930

腎虚は全世界の人共通のテーマです

「腎虚(じんきょ)」って聞いたことありますか?

私は腎臓が悪いのでしょうか?

 

実は昨今の事件・事故・天災などのほか、「新型コロナウイルス」に対する様々な「不安・恐怖」ととても関連の深い腎虚。

腎虚を改善する治療法ー補腎(ほじん)ー法で、丈夫な心身を取り戻すことが出来るのです。

 

漢方の先生やはり灸の先生に脈を診てもらい「腎臓が弱い」と言われたことがありますか?

実は「腎虚」は全ての人に関係があります。

腎虚(じんきょ)って何?

漢方独自の理論である「五行説」と「虚実」の組み合わせでとらえた身体の状態で、いわば『泌尿器・生殖器と脳の機能低下の状態』の事です。

腎虚は「五行説」と「虚実」の組み合わせ

灰色の帯が腎のグループです。(飛び出た部分は三健堂で付与したものです)

「腎虚(じんきょ)」とは、五行説の「腎のグループが弱い」という意味です。

「腎虚(じんきょ)」の「腎」は「五行説」の「腎(水)のグループ」のことを言います。
五行説は、「人間の身体と心と大自然の関連性の法則」で、紀元前5世紀に芽生え、紀元前2世紀には医療に活用していたとらえ方です。

(腎のグループは、五行色代表の最下部の灰色で色が塗ってある部分です。)

この五行色代表は、主に漢方相談によく使われる項目を抜粋して載せたものです。さらに灰色の部分だけ飛び出ていますが、これは三健堂で必要だと判断して付け加えた部分です。ほかにも食べ物もありますので、五行説は薬膳にも使われます。

この腎のグループは

①老化現象が出やすいグループ 

②西洋医学ならいくつもの診療科にまたがっていますが、五行説ではひとつのグループにまとめて捉えています。


 

 

「虚実(きょじつ)とは、すべてのものの「強弱」「多少」の判断基準です。

コップのお水に例えると、「喉が渇いたんで、お水を一杯もらえますか?」と頼んで、出てくるお水の量をイメージして下さい。これが「平(へい)」です。

ちょうど良い量です。漢方の健康観は「バランス」なので、ちょうど良い量である「平」が理想的な状態と言われています。

それよりも少ないのが「虚(きょ)」、多すぎる状態が「実(じつ)」と言って、どちらも異常な状態です。

従って「腎虚」とは「腎のグループ全体が弱っている状態」を言います。

では、腎虚になると、どんな症状が出やすくなるのでしょうか?

                                続きをお楽しみに

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
04-7163-3930
受付時間
10:30~18:30  時間外対応有り
定休日
隔週木曜・金曜・日曜/不定休有り

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

04-7163-3930

<受付時間>
10:30~18:30 時間外対応有
※隔週木曜・金曜・日曜/不定休有り

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/02/03
バナーリンク更新中
2022/01/29
セカイイチヒーローフェスオンラインに登壇しました。
 
2022/01/11
ホームページリニューアルオープンしました。
友だち追加

株式会社 三健堂

住所

〒277-0005 千葉県柏市柏6-1-22

アクセス

JR・東武アーバンパークライン柏駅 徒歩10分/駐車場:無

受付時間

10:30~18:30  時間外対応有り

定休日

隔週木曜・金曜・日曜/不定休有り